2009年4月16日木曜日

自己紹介サイト「プロフ」による事件

「プロフ」に悪口、腹を立て3時間暴行…中3女子2人逮捕

 携帯電話の自己紹介サイト「プロフ」に悪口などを書き込まれたことに腹を立て、高松市内に住む私立高校1年の女子生徒(15)を暴行して重傷を負わせたとして、高松南署は15日、市立中学3年の女子生徒2人(いずれも14歳)を傷害の疑いで逮捕した。2人とも容疑を認めている。

 発表によると、2人は3月26日午後7時5分頃から約3時間にわたり、女子高校生を呼び出した市内のレンタルビデオ店や近くのスーパー駐車場などで、殴ったり、けったりしたほか、たばこの火を14回にわたって押しつけるなどし、重傷を負わせた疑い。

 3人は顔見知りで、1月19日頃、市内のレンタルビデオ店で、女子高校生が2人に肩をたたかれるトラブルがあり、女子高校生がプロフの日記で2人のことを書き込んでいたらしい。

(2009年4月16日15時34分 読売新聞)

以上の記事、YOMIURI ONLINEより引用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090416-OYT1T00662.htm
--------------------

携帯電話による自己紹介サイト「プロフ」はあまりにも有名である。
私は「プロフ」を知っているが、そこに登録・自己紹介記入はしたことがない。
ただ、私の友達は何人も「プロフ」に登録しているのを知っている。
そこには、ニックネーム、性別、住所、趣味・・・などなど
個人を特定できる情報が多く書き込まれていることが多い。
なかには、自分のプリクラなどの写真を掲載している人もいる。
個人情報が筒抜けになっているのだ。

このことから、今回のように悪口を書いてしまえば
書いた人物は特定され、事件が起こるきっかけにもなる。
教育的立場としては、自己紹介サイトを利用するにあたって
どのようなことに気をつけなければならないのかを指導する必要性がある。

まず、不特定多数の人物に見られているということを自覚せねばならない。
インターネットは世界に広がる通信網である。
何気なく書いた個人情報が、海を渡って世界の国々の人々に知れ渡ってしまうこともある。
そして、その情報を撤回することが困難であるということも認識すべきだろう。
一度、誰かに知れた個人情報は、その人を媒介として新たな人に知れ渡る可能性がある。
インターネット上における電子情報の転送は容易だから、
メールなどを通して不特定多数の人物に転送されることもある。
ここまでに、あまり多くの時間は要さない。
電子情報は相手に瞬時に情報を伝えることができる。
このことが、一度流出してしまった情報を撤回することをより難しくさせている。

インターネット上に自分と特定できるような情報を書き込む際には、
十分注意する必要があるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿